2010年12月19日

テーゲル空港でベルリーナヴァイセを飲む!

ついに最終日の朝がやってきました。

なんとか寝過ごさずにベルリンのユースホステルを出たのですが
外は真っ暗で、最寄のバス停に本当にバスが来るのか心配でした。

P1030126.JPG
【こんなに真っ暗。バス停にはキンドル醸造所の看板が。
キャッチコピーは「そう、ベルリンの味。」】

テーゲル空港に到着するころには外も明るくなり
ちょっと小腹が空いてきます。

ということで・・・

カフェで朝食!


P1030130.JPG
【レッドバロン、てどこかで聞いたような・・・】

昨夜、色々と飲み歩いていたのですが大事なことを忘れていました。

ベルリーナヴァイセ飲んでないじゃん!

ってことで注文です。
P1030128.JPG
【あぁ、赤いっス】

そのときの音声メモはこちら


【グラスがデカイ。】

もちろん緑の「ベルリーナヴァイセ、ヴェルトマイスター」も注文。
このとき、造り方を撮影しましたので順にご紹介します。

P1030133.JPG
【まずは原液。すっごい甘そう・・・】

P1030134.JPG
【そしてベルリーナヴァイセを注ぎます】

P1030135.JPG
【最後までキッチリ注いでストローを刺してフィニッシュ!】

このとき店員さんにアルスターヴァッサーについてお聞きしました。
このアルスターヴァッサーですが「ビール+レモネード」のビアカクテルで、
ドイツでは普通にビールと同列で飲まれています。

南ドイツでは「ラードラー」、フランス付近では「パナッシュ」などと
地域によって呼び方が違うようですが、ベルリンでは「アルスターヴァッサー」と
呼ばれています。

どんな風にして作っているんですか?と聞いた時の感想を音声メモしましたので
どうぞ。


【ま、そんな感じです。結構、ビールに対して柔軟ですよ。】

あ、そろそろ飛行機が出そうです。
登場手続きへ急げ!!





posted by ツカサ at 07:00| Comment(1) | テーゲル空港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「登場」 ではなくて 「搭乗」 だね。
「オー、真打の登場!」ってことかしら?
Posted by at 2010年11月18日 18:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。