2009年12月13日

ミューレンケルシュの名前の由来

ミューレンケルシュですが、
正式名称は Brauerei zur Malzmuehle(ブラウエライ ツア マルツミューレ)です。

このマルツミューレというのが麦芽挽き風車のこのとを意味しています。1572年からライン河畔では風車で麦芽を挽いていました。その後1858年に現在地でビール醸造を始めました。
それで、ロゴも風車のマークなのですが・・・

マルツミューレコースター.JPG



この話は実はもうちょっと深いです。



当時の麦芽は市営の風車施設で挽かれていました。
ビールに使用する麦芽は市内で挽かれたものを当然使用しなければ
ならなかったので(挽いちゃうとすぐに悪くなるから)
この市営施設で挽かれた麦芽を使用せざるを得なかったわけです。

そんでもって、挽かれた麦芽には



高い税金をかけられていました。


【取れるところから税金を取る、って今の日本に似ている・・・】

そこで、自前の風車を建てて麦芽を挽いてビールを醸造し始めました。
(そうすれば無税の安い麦芽粉を使用できるからね!)
それがこのマルツミューレ醸造所の名前の由来と始まりです。

ちなみに、マルツミューレ醸造所はマルツビア
(いわゆるノンアルコールビール)で特許を取得しています。
※ただし、名称なのか製法なのかちょっと分かりません。
また、現在もその特許がそのまま生きているのか定かではありません。

1929年のケルンの新聞の別付録に「医者が貧血気味の患者や女性などの
栄養補給材としてオススメしています」という記事が掲載された記録が
残っています。

って、ことで長くなりましたが
ちょっとユースホステルに戻ります。

出典:Koelsch Kultur Detlef Rick und Janus Froehlich 2002

posted by ツカサ at 09:55| Comment(0) | ミューレンケルシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月12日

食べた直後の感想です。

私の食べた直後の感想です。
音声では、血のソーセージをレバーのミンチと言っています。
たしか、このとき店員に聞いたら
そのように答えていたのを思い出しました。

そのときの音声を写真を見ながらどうぞ。




・・・結構辛口の評価です。


ミューレンケルシュ料理.JPG

話は前後しますが、次回はミューレンケルシュの名前の由来を
お伝えいたします。



posted by ツカサ at 10:00| Comment(5) | ミューレンケルシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月11日

スペシャルメニュー

さ、早速腹ごしらえ、と思い注文します!

でも、どうせ注文するなら

スペシャルがいいよね!

ってことで、メニューを眺めると・・・

P1020619.JPG
【全部方言で書かれています(汗)でも下にちゃんと標準語でもかいてある】

よく分からないのでたらーっ(汗)とりあえず、店員さんに
「典型的な郷土料理をお願いします。」
というあいまいな注文をしてしまいました(日本人だね)。

そして出てきたのがこれ。

ミューレンケルシュ料理.JPG
【メニューの一番上のお料理がきました!】


パッと見、よく分からない物体が多いですが
下の黒いのが「血のソーセージ」。
右上に見える白い物体がジャガイモのピューレー。
右下に見える黄色い物体がリンゴのピューレーです。

全体的に歯ごたえのない触感ですが、味はいけます!

血のソーセージはレバーのような味わいですねぇ。



posted by ツカサ at 10:00| Comment(2) | ミューレンケルシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。