2010年01月07日

クランツを探して

ペーターズケルシュの直営店を出てちょっと
このケルシュの特徴を思い返してみました・・・

そのときの音声メモがこちら。


【風が強いです・・・聞き取り難くてすみません】

この直営レストランの向かいに、売店がありましたので
行ってきました!
もちろん、お目当ては「クランツ(ケルシュ専用のお盆)」

お店に入るなり、探したのですが・・
クランツが無いじゃん!絶好のお土産なのに!!
早速お店の人に尋ねました。

すると・・・

「お土産用のプラスチック製のものならあるけど」

とのこと。でも欲しいのはお店で使用している鉄製のものもうやだ〜(悲しい顔)

「お店で使用している鉄製のは無いんですか?」

イメージは↓なんですけど・・・
P1020652.JPG
【このお兄ちゃんが持っているヤツ】

「あれですか?無いよ。しかも、あれは売り物じゃないし。」

つ、冷たい対応。
業務用ってことでしょうね。残念。
しょうがないので、プラスチック製のものを購入しました。
※購入したものはビアパブにあります。
posted by ツカサ at 10:00| Comment(1) | ペーターズケルシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月31日

ドライホップ

&飲む前から盛り上がってしまい、天井のホップが本物か偽物か
気になってしまいました。

そして、ついにオヤジに聞いちゃいましたパンチ

あのホップ、ニセモノですよね。当然。
【失礼ですが、気になったものですから・・・】

するとオヤジがちょっとムキになって

本物だっつーの!
【マジ顔で言うもんだから、ちょっと怖かったですあせあせ(飛び散る汗)

そんで、おもむろに手を伸ばしてヒョイっと取ってくれましたわーい(嬉しい顔)


P1020664.JPG
【ドライフラワーならぬドライホップ。ちなみにこのホップの品種
を使用しているかは不明。】

手に取ってくれたまでは良かったんだけど、私の手の中で
グシャグシャに磨り潰してくれたものだから
・・・超ホップくさいですふらふら


このお店でも一番乗りだったので、ゆっくりとケルシュを
堪能できました。
ここでも木樽からの直出しでガスヴォリュームが弱く、
アロマホップからくる柔らかな干草のような香りとアフターに
残る淡い蜂蜜のような感じが絶妙でした。全体のバランスが良く
ここでも美味しくスイスイ飲んでしまいましたわーい(嬉しい顔)


その後、話しているウチに色々と盛り上がってきました!
注いでくれるお兄さんに、ポーズをとってもらいました。

P1020652.JPG
【こんな感じで注いでくれる】

P1020654.JPG
【銀色の特殊なお盆が「クランツ」と呼ばれる専用のお盆。
この写真をとるために当然、お代わりしましたパンチ

さ、次はこのお盆を探しにいきます!!

posted by ツカサ at 10:00| Comment(3) | ペーターズケルシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月30日

ペータースケルシュです!

次にやってきたのはペータースブラウハウス。
ここのケルシュはなんと・・・

全体の95%が樽で出荷!

すごいです。

ってことで、行き着いた先がここ。

P1020649.JPG
【見た目は普通のレストランだけど・・・】


一歩店内に入ると

天井がホップだらけじゃん!!

P1020667.JPG
【奥までホップがある。雰囲気ありますねぇ〜】


P1020665.JPG
【カウンターの上にも!!徹底しています】


でも「これって、ニセモノじゃね?」って普通思うじゃないですか。
んなもんで、実際に聞いてみましたあせあせ(飛び散る汗)

「あのホップ、ニセモノですよね、当然。」

酔っているとはいえ、失礼か?とも思いましたが
(ここで聞かなければ後悔してしまう)、と思い聞いちゃいましたパンチ

次回は驚きのオヤジの回答です!





posted by ツカサ at 10:00| Comment(0) | ペーターズケルシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。