2010年01月15日

ついに来た!地元重視のペフゲン

はい〜!
次にやってきたのは「ペフゲン」です。

ケルンで一番小さい醸造所です。
(といっても800klも造っているんだけど・・・)
ここのケルシュはなんと、

全て木樽詰め!!
【すごすぎですパンチ

ってことで、現地でないと飲めないのです。

P1020710.JPG
【お店の軒先です。すでに日が暮れ始めました】


入り口での音声メモがありましたので、どうぞ。

【意外と入りやすい雰囲気でした】

ビールを注文します!
出てきたのが、これだ!

P1020711.JPG
【店内が暗くて本当に写し辛いっす】

味は・・・実は書くのもはばかられるのですが
期待値が高かった分、ちょっと「えぇ〜バッド(下向き矢印)」という味わいでした。
おそらく、コンクールか何かに出品したら
「あ、駄目な香りが感じられますね」
というふうに、減点されてしまう味わいだと思います。

※ま、基本的にドイツの場合「どれだけ地元の人に支持されているか」が評価の基準となっていると思います。
業界の人間が「美味い、まずい」を評価するのは
私は、全くのナンセンスだと思うので、
あえてそこの部分には触れません。


しかしながら、常連客で賑わっているところが
このお店の地元支持率の高さが伺えますパンチ

飲み終わったあとの音声メモです。

【酔ってきて、感想が素直になってきました】

よーし、もういっちょ行くか!!

posted by ツカサ at 10:00| Comment(3) | ペフゲンケルシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。